スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たいきょうやま(大鏡山)と、たいきょういけ(大鏡池)と薊岳

DSC05983.jpg

写真だけ見ると何処の山かわからないでしょうが、たいきょうやま(大鏡山)の三角点、麦谷Ⅱです
薊岳に笹野神社から登るルートに有る、そう、たいきょういけ(大鏡池)の上のピークです
たいきょうじんじゃ(大鏡神社)は訪れる方も多いでしょう
DSC05985.jpg

今回は、大鏡山に、麦谷林道の尾根先から直登しました
このコースで、高校生の団体が遭難したことは記憶に新しいですが、登るには問題のない尾根です

尾根中央には、古い登山道標識と大鏡神社の古い参道の踏み跡が残っていますが、下山は小さな尾根につりこまれやすいでしょう。

又、大又の和佐羅滝コースで伊勢辻山や赤ゾレ山、等に登るには駐車場が少なく、いろんな話が出ていますが、麦谷集落下にキビ平と呼ばれる小さな棚があります。
付近の方に迷惑のかから無く駐車できる所です。
1404270048.jpg
写真はその入口です

和佐羅滝登山口まで400m程度です

今回歩いたコースは添付地図の通りですが、この記事は、ショウタンはおおかがみいけと思っていた呼び名が、たいきょういけ、たいきょうじんじゃ、たいきょうやま、が正しく、間違いを正すためにブログに書きました

又、旧登山道としての、大鏡神社参道が尾根を通っていることを知ってもらいたく書きました
まだ、踏み跡や道標等が完備できていない尾根です。
初心者単独の下山は尾根間違いを起こしやすい尾根と感じました
読図野出来ない方や地形図無しでの下山は避けて下さい
14042801.jpg

コース図をサムネイルで載せておきます
詳しい記事は、ショウタンの山歩録に書いています。参考にして下さい
http://www.syotann.com/taikyouyama.html

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

sunao様から伺った方だと思います

GPSが普及する時代ですが、基本の読図出来て登山が成り立つと考えています。
このコースは、至って簡単ですが、下山は気が抜けないコースです
年齢とともにコースは限られてきますが、意欲的に山を楽しみたく思っております。
皆様のお役に立てるページの発信に努力いたします
ご意見はどんどんお寄せ下さい
書き込み有り難うございました

No title

同行された方の知り合いです。
地形図はこうしてみるとわかりやすいなあと思いますね。
尾根道と御説明を受けてみてなるほどと思いました。
他のところからのぼろうとすると恐らくは崖なのではないかと
思うところなのでこのルートが一番良いのかなと思います。
私自身実際にこの山を登ることはないとは思いますが
いろんな山の参考にしてゆきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
プロフィール

syotann

Author:syotann
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。